キッズシューズの選び方

お子様の正しいシューズの選び方。これって子供の成長にかなり重要です。今日は軽くですが大きいシューズの危険性と、サイズの選び方。この2点についてのお話です。

 

まずは大きいシューズを選ぶとなぜ危険なのか。

 

それは、シューズの屈曲ポイントが合っていないため、指が上手く使えず変形する。またスムーズに蹴り出すことが出来ない走り方。これがクセになりスピードを出すことが出来なくなってしまいます。

 

結果的に、足の指の間接が弱くなり靭帯が緩むことで、シューズの形に合わされた足に変形してしまいます。

 

足が変形してしまうのは嫌ですよね、私自身怪我したときも足の指の重要性を知りました。力が入る入らないはほぼほぼこれで決まると思います。

 

では、正しいシューズの選び方は?

 

adidasのキッズシューズを例にしていきましょう。まずインソールを取り出します。踵を後ろの線に合わせ裸足で立ちます。そしてつま先がadifitゾーンに入っていれば、それが適切なサイズとなります。

 

大きすぎてもダメ。小さすぎてもダメ。お子様にあった正しいサイズを選んであげましょう。